TOPに戻る
経済

ほうじ茶が人気になり定番化しているようです

ほうじ茶飲料、若年層の支持で人気続く カフェや菓子で注目され飲料も定番化(YAHOO!ニュース)

ほうじ茶飲料の販売金額が、10年前から3倍の規模になるほど拡大している。緑茶飲料の中での販売構成比は10%に満たない小さい規模だが、ほうじ茶フレーバーが人気になったことから、メインユーザーの30~40代女性に加え、若年層で飲用習慣が広がっていることが大きい。

スターバックスで「ほうじ茶 ティーラテ」が人気となるなど、カフェで定番化が進み、今年流行のタピオカドリンク店での採用も広がったほか、菓子では「ブラックサンダー ほうじ茶ラテ」(9月発売)、アイスも「ハーゲンダッツ ジャポネ ほうじ茶きなこ黒蜜」(セブン-イレブン限定、10月29日発売)など、幅広いカテゴリーで商品化されている。

全部読む

ほうじ茶が流行ってきているようです。ようやくかよ。私はずっと前からほうじ茶が好きでした。にわか乙(ぉぃ)

出かけるときにはペットボトルのほうじ茶をよく買うんですが店舗によってはおいてなかったりすることもあって仕方なく緑茶を買うこともありました。まあコンビニとかで似たような商品ばっかり置くわけにもいかないんでしょうが…。しかしこれからは人気急上昇かつ定番化しているということで各社がほうじ茶をラインナップに加え、店舗でもいくつかの種類から選べるようになってもらえればありがたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です