TOPに戻る
ラグビー

【ラグビーワールドカップ】南アフリカがイングランドを撃破!三度目の優勝!

南アフリカが3大会ぶり3度目の優勝 ラグビーW杯(サンスポ)

ラグビー・ワールドカップ日本大会決勝(2日、イングランド12-32南アフリカ、日産ス)世界ランク3位の南アフリカが後半に2トライを奪うなど、エディー・ジョーンズ率いる同1位のイングランドを下し、2007年の第6回大会以来3大会ぶり3度目のW杯優勝を決めた。(世界ランキングは1日現在)

全部読む

本日行われたラグビーワールドカップ日本大会決勝は、ノートライで終わるかと思われた展開の中、南アフリカがイングランドをジワジワと突き放し優勝しました。南アフリカの皆さんおめでとうございます。イングランド代表もお疲れ様でした。

前半早々にイングランドの反則からショットを選択した南アフリカでしたがボールはポスト右に外れ、ゴールならず。さらに9分、イングランドのノットリリースザボールを誘い再びショットを選択。これが決まって南アフリカが先制します。

22分には南アフリカの反則からイングランドがペナルティゴールを決め、3-3の同点に追いつきます。しかし24分には南アフリカが同じくペナルティゴールを決めて3-6。34分にはイングランドがペナルティゴールで3点を返し、再び同点に追いつきます。

ここまではお互いのペナルティゴールの応酬でしたが前半終了間際の38分と40分にペナルティゴールを決めた南アフリカが6-12とスコアを伸ばして前半を終了します。ここまでトライ無し。もしかしたらトライ無しの決着かと言われていた通りの展開。両チームともディフェンスは素晴らしくトライまでは持ち込めない前半でした。

後半もやはりペナルティゴールの撃ち合いとなります。後半5分に相手の反則からショットを選択した南アフリカは長い距離でしたがペナルティゴールを決めて6-15。対するイングランドも後半9分にショットを決めて9-15。まだまだわかりません。17分にはラインアウトからボールをつなぐと相手のオフサイドとなり、またまたショットで3点を追加。9-18としますがイングランドも相手のゴールラインまで迫って反則を誘い、ショットを決めて12-18と食い下がります。

後半も半分を過ぎてやはりトライは生まれないのかと思われた後半26分、日本もしてやられたマピンピがこの試合初のトライを奪います。パスがスローフォーワードではないかとTMOによる判定となりますがトライは認められ、コンバージョンも成功させて12-25。さらに35分、右サイドをキレキレのフェイントで抜け出した170cmの快足コルビがトライを決め、コンバージョンによる2点も加えて12-32。勝負を決めました。

残り後数分になると勝利を確信した南アフリカのベンチの選手達が抱き合ったり握手したりして賑わいます。40分のホーンが鳴った後、ボールを外に蹴り出して南アフリカの優勝が決定しました。

お互い力を出し切ったであろう素晴らしい戦いでした。これで終わりかと思うと寂しいですが今後もラグビーの試合は続いていくのでにわかながら見られる試合は見ようと思いました。日本にラグビーの素晴らしさ、楽しさ、おもしろさを広めた今大会は大成功だったといえると思います。また4年後、フランスで日本の勇姿を見られることを楽しみにしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です