TOPに戻る
ラグビー

【ラグビーワールドカップ】ニュージーランドがウェールズを下し3位に

NZがウェールズ下し3位 03年大会以来3度目/ラグビーW杯(サンスポ)

ラグビーW杯日本大会の3位決定戦が行われ、世界ランキング3位のニュージーランドが、同4位のウェールズを40-17(前半28-10)で下し、2003年大会以来の3位で大会を終えた。この試合をもって退任するスティーブ・ハンセン・ヘッドコーチ(HC)とウォーレン・ガットランドHCとにとっては最後の試合となった。

全部読む

注目の3位決定戦、ニュージーランド対ウェールズの戦いは優勝候補の筆頭としての意地を見せたニュージーランドがウェールズを圧倒し3位となりました。ウェールズも2トライを奪うなど健闘を見せ、素晴らしい戦いとなりました。

前半

ラインアウトからのボールキープで敵陣に攻め込んだニュージーランドは前半4分にウェールズの反則によるペナルティーゴールを外してしまい得点ならず。しかし直後の前半5分、パスをつないでニュージーランドが先制のトライ!コンバージョンも決まって7-0とします。前半13分にもバレットがトライを決めて12-0。コンバージョンによる2点も追加で14-0とウェールズを突き放しにかかります。

その後はウェールズがボールをキープし、ペナルティから敵陣深くでのマイボールラインアウトを得ます。ラインアウトのボールをキープし、モールで攻め込もうとするもののニュージーランドのディフェンスに阻まれます。しかしラックから飛び出ししパスをつないでウェールズもトライ!前半19分で反撃開始となります。コンバージョンも決まって14-7。

前半22分にはニュージーランドのボールをターンオーバー。再びニュージーランドボールになるもののキックしたボールをウェールズがキャッチし、攻守が入れ替わる展開。25分にラインアウトのボールをキープし攻めるウェールズに対してニュージーランドが反則。正面5メートルのキックを難なく決めてウェールズが3点を追加。14-10と追い上げます。これは分からなくなってきた!

と思ったらニュージーランドが前半33分と41分にトライを決め、コンバージョンもそれぞれ決めて前半が終わってみれば28-10と大きくリードします。

 

後半

後半はニュージーランドのキックオフで開始。開始から勢いよく攻めるニュージーランドはマイボールラインアウトからパスをつないで後半2分にトライ。コンバージョンも決めて35-0。後半開始早々なのに試合を決めにかかります。後半7分にもトライを決めたかに思われましたがオフロードパスがスローフォーワードとされ、トライならず。

攻めあぐねていたウェールズも自陣から抜け出すと果敢に攻め、アドバンテージもあって敵陣深く攻め入り後半19分に反撃のトライ。コンバージョンも決まってこれで35-17。まだまだあきらめないウェールズ。

その後も攻め込むウェールズでしたが反則によってハーフウェイまで陣地を戻されるとそこからボールをつなぐニュージーランドに自陣深くまで攻め入られることとなります。ゴールラインまであと5メートルとせまったニュージーランドはウェールズの反則からスクラムを選択。後半36分、スクラムから出たボールをそのまま持ち込んでトライを決め、40-17とし、勝負を決めます。コンバージョンは失敗。

最後まであきらめずにボールをつなぐウェールズでしたがそれ以上の反撃はかないませんでした。

 

ニュージーランド3位、ウェールズ4位

結局食い下がるウェールズをその度に突き放しリードを広げていったニュージーランドが40-17でウェールズを下し、今大会3位となりました。ウェールズは第1回大会以来の3位とはなりませんでしたが最後まで戦う姿勢は感動をあたえてくれました。両チームのみなさんお疲れ様でした。

明日はいよいよ決勝戦です。こちらも楽しみにしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です