TOPに戻る
ラグビー

韓国紙、ラグビーW杯日本大会の話題として否定的な要素ばかり挙げる

韓国紙、日本大会は「旭日旗、台風、入れ墨など多様な話題」/ラグビーW杯サンスポ

韓国紙の中央日報(電子版)は28日、開催中のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会について「旭日旗、台風、入れ墨など多様な話題で静かな時がない」と伝えた。

「日本は大会開幕前から旭日旗宣伝に熱を上げて論議をかもした」とした上で、「東京の町のあちこちにラグビーワールドカップを知らせる旭日旗模様の広報物が乱舞した」と批判。また「自分たちは旭日旗が散見されるラグビーワールドカップを開催した日本が参加外国選手団に入れ墨禁止というあきれる注文をしてひんしゅくを買った」と皮肉った。

日本のラグビーの話題って日本の快進撃という明るい話題がほとんどだと思いますけどね。

旭日旗の話題

旭日旗に関しては外国人のファンが旭日旗を持っていたり、旭日旗デザインのTシャツ、はちまきを身につけて笑顔で応援する姿などが見られました。何のマイナスイメージも持っていないことがよく分かりますね。

 

台風の話題

台風に関しては確かに試合が中止になったり、スコットランドの騒動があったりはしましたが、被災地でボランティア活動をしてくれたカナダ代表やファンサービスをしてくれたナミビア代表の心温まる話題がありました。さらにはあの台風の直後に試合を開催できるようにした現地スタッフの努力が賞賛されたりもしました。

 

タトゥーの話題

入れ墨に関しては銭湯が外国人にのみタトゥーを認めたことにたいして営業妨害があったりなど残念なニュースもありましたが、日本におけるタトゥーの印象を考慮してニュージーランド代表やサモア代表が普段はタトゥーを隠すように配慮したりという相手の気持ちも考える行動に出てくれたりもしました。日本の文化を尊重してくれたのです。


このワールドカップは明るい話題にことかかない素晴らしい大会なのでした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です