TOPに戻る

【東京モーターショー2019】ホンダの新型フィットは好感が持てる点が多いです!

ホンダが4代目となる新型「フィット」を世界初公開【東京モーターショー2019】(webCG)

本田技研工業は2019年10月23日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:10月23日~11月4日)の会場において、コンパクトハッチバック「フィット」の新型を世界初公開した。

全部読む

本日10月23日開幕の東京モーターショーでホンダの新型フィットがワールドプレミアとなりました。事前にリークされていた情報もありましたが正式に発表された情報からすると改めて今回のフィットは良くなったと思える点が多いです。

いいと思った点はこちら(乗ったりしていないので見た目だけですが)

  1. 内装(インテリア)がごちゃごちゃしていなくてスッキリ
  2. 外装(エクステリア)にメッキがなくキャラクターラインがスッキリ
  3. リアとフロントの統一感
  4. 視界がよく運転しやすそう
  5. グレードが多く好みのものを選びやすい

 

  1  内装がごちゃごちゃしていなくてスッキリ

出典:webCG

内装で特にいいと思ったのは水平ラインを基調としたそのシンプルさですね。好みの問題ではありますが。ドライバーファーストでデザインされた運転者が使いやすいようにドライバーを囲うようなデザインのものもありますよね?例えばこちら。

出典:toyota.jp

こちらはトヨタ「アクア」の内装ですが明らかにドライバー用のインパネですよね?運転席に向かう曲線で取り囲まれています。

ドライバーは使いやすいでしょうし悪くないと思います。アクアのインテリアが嫌いというわけではないです。しかしファミリー向けのコンパクトカーであるフィットにはそういうデザインは必要ないかなーと思っていたので今回のシンプルな、曲線をあまり使わない水平ラインを基調としたインパネデザインは好感が持てます。ごちゃごちゃしてなくて使いやすそうです。

 

  2  メッキがなくキャラクターラインがスッキリ

今回はエクステリアも先代に比べてすっきりしており、良くなったと思います。まずメッキが多用されなくなってすっきりすました。日本の車はとにかくメッキパーツが多すぎてギラギラしてるんですよね。効果的に使えば高級感がだせますが日本のコンパクトカーやミニバンの場合ちょっと下品になってしまっている感が否めません。

 

出典:オートックワン 現行型フィットのリアにはナンバーの上に大きなメッキパーツが使われている

 

あとはキャラクターラインが現行のフィットに比べてずいぶんとおとなしくなったと思いました。キャラクターラインとはドアの部分に横に走っているラインのことですがこれぐらいシンプルでいいんじゃないかなぁと。これも効果的に使えば高級感やスポーティな感じを演出できますが無理矢理入れるものではないかと思います。

出典:honda.jp

現行のフィットは彫刻刀でえぐったかのような力強いキャラクターラインをしていますね。新型はかなりシンプル。

 

  3  リアとフロントの統一感

リアとフロント、特にヘッドライトとテールランプの形状ですが、これに統一感があるとバランスがよく見えます。以下の画像で見るとよく分かると思いますがライトの外形やポジションランプの形状、位置が似てますよね?これでまとまった感じが出ています。

出典:CarWatch
出典:CarWatch

 

統一感がないと思うのは同じくホンダのフリードです。

出典:Response
出典:Response

 

ヘッドライトは細く鋭い目つきですがテールランプは太くサイドに回り込むようなカーブを描いています。後ろも細くて良かったのではと思ってしまいます。全体のデザインは好きですし買いたいぐらいいい車なんですけどね。そこだけ気になる…。

形を変えるならリアは全然違う位置に違う形状でつければ気にならないですね。ボルボみたいに。

 

  4  視界がよく運転しやすそう

出典:webCG

今回はAピラーを細くして視界を良くしたそうです。Aピラーとは運転席と助手席の斜め前にある柱のことです。ここが太いと視界を遮ってしまい、斜め前方が見にくくなります。しかし新型フィットのAピラーは細くて視界を遮ることが少なくなっています。その代わり三角窓を構成しているAピラーの手前の方を太くして剛性や強度を確保しているのが分かりますね。アイデア賞をやろう(ぉぃ)

そしてスピードメーターの上のバイザーも盛り上がることなく水平なため、視界が良さそうです。水平デザインはこんなところにも生きている。素晴らしいな水平基調。

 

  5  グレードが多く好みのものを選びやすい

今回用意されたグレードは次の5つ。

  • BASIC(ベーシック):デザイン性と快適性を備えた基本のタイプ。親しみを感じさせるシンプルなデザインが採用されている。
  • HOME(ホーム):良質かつナチュラルな風合いのシートや本革巻きのステアリングホイールが特徴。「質感の高い、リラックスできるこだわりの空間」がイメージ。
  • NESS(ネス):フィットネススポーツを連想させる、軽快でファッショナブルな仕様。シートとインパネのソフトパッドの表皮に撥水(はっすい)性の高い素材が用いられている。
  • CROSSTAR(クロスター):街でもアウトドアでも似合う、SUVテイストが感じられるエクステリアがポイント。シートとインパネのソフトパッドには撥水性の高い素材を採用。
  • LUXE(リュクス):専用の本革シートを標準装備する上級グレード。プラチナ調クロームメッキや専用デザインの16インチアルミホイールも見どころ。

出典:webCG

出典:webCG ベーシック
出典:CarWatch ホーム
出典:webCG ネス
出典:CarWatch クロスター
出典:CarWatch リュクス

 

自分ならばネスがいいかなと思います。フィットのネスでフィットネスは草(ぉぃ)ツートンカラーがいい感じです!ホームの白い内装がすごく好みなんですが高そうだし汚されそうで無理…。

 

発売は2月

電子パーキングシステムの不具合や供給不足で秋には発売かと言われていたのが来年2月にずれ込むことになりました。パーキングシステムを変更するそうです。しかしホンダの八郷社長によれば2月には間違いなく投入できるということだそうですので今から楽しみに待ちましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です