TOPに戻る
ニュース

【即位礼正殿の儀】天皇陛下のおことば

即位礼正殿の儀 天皇陛下のおことば(毎日新聞)

天皇陛下のおことば全文
さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心(みこころ)を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

国民の叡智(えいち)とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

即位礼正殿の儀は即位の礼の中心的儀式で、即位した天皇が日本国内外に即位を宣明するものです。外国で行われている戴冠式や即位式にあたりものです。執り行われる場所は皇居宮殿の正殿松の間となっています。

即位の礼とは

「即位の礼」とは天皇陛下の御即位を披露するための国の儀式であり、今回は本日10月22日(火)から行われています。

儀式には、200近い国の元首や祝賀使節が参列します。王制を敷く王制からは王族がたくさん来られます。共和制の国からは大統領や副大統領、首相、閣僚級が参列します。また、10月22日(火)は、国民がお祝いするため今年だけ休日となります。私は仕事です(ぉぃ)お祝いしたいんだから休みにしてよ…。

もう一つの大きな儀式としては「祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)」があります。要はパレードですが”諸般の状況を勘案して”11月10日(日)に延期となりました。諸般の状況となっていますが報道では台風19号の影響によるとされています。

 

平成の即位の礼は

上皇陛下が儀式に臨まれた時の首相は海部俊樹首相でした。「即位礼正殿の儀」参列者の中にはイギリスのチャールズ皇太子と故・ダイアナ妃の姿もありました。今回の「即位礼正殿の儀」にもチャールズ皇太子は参列しますので二回目。なかなかすごいことですねこれは。

 

この国がますます発展しますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です