TOPに戻る
ラグビー

【ラグビー】ノーサイドは死語って知ってました?

日本は敗退してしまいましたがまだまだ盛り上がりを見せるラグビーワールドカップ。試合終了後、また試合以外の場面でもラガーマンたちの紳士的振る舞いが話題になっています。そんな時によく出てくるのが「ノーサイド」という言葉。ノーサイドはラグビーの試合終了を意味する言葉ですが、ノーサイドとは「No Side(=敵側も味方側もない)」であり、試合後はみんな仲間だという精神に由来します。

しかし、現在ラグビーにおいて試合終了時に使われているのは「フルタイム(Full Time)」です。テレビ中継などでもでかでかと「FULL TIME」と出ています。

ノーサイドは日本以外では使われてはおらず、イングランドでは使われていたようですがとっくの昔に廃れているようです。なので今のラグビー選手達はノーサイドという言葉自体知りません。試合後にお互いを讃え合うノーサイドの精神は存在しますがノーサイドという言葉は今のラグビーにはないのでした。

日本だけでなぜノーサイドが使われているのかというと日本が英語圏ではないというのとノーサイドの精神が日本人の心にマッチするからなのかなと思います。日本だけでもノーサイドという言葉を使い続ければいいのではないかと思いました。良い言葉じゃないですか。ノーサイド。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です