TOPに戻る

プジョーが新型「208」とEV版「e-208」そしてMPV「リフター」を初公開

プジョー、新型「208」&新型EV「e-208」、新型MPV「リフター」を六本木ヒルズ体感イベントで日本初公開(CarWatch)

出典:CarWatch
出典:CarWatch

プジョー(プジョー・シトロエン・ジャポン)は10月19日~26日の8日間にわたり、独自のプジョーブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」を六本木ヒルズ(東京都港区)の大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペースで開催する。

この会場では新型「208」と新型EV(電気自動車)「e-208」を日本初公開(参考展示)。また、日本に初導入する予定の新コンセプトMPVの「RIFTER(リフター、欧州仕様)」も参考展示する。このイベント開催に先立ち、報道関係者向けの発表会が行なわれた。

全部読む

プジョーの売れ筋モデル208が新しくなりました。しかも今回はEVバージョンも用意されています。今はPHVに乗っているのでEVはとても気になる存在です。

ヘッドライトとテールランプの爪でひっかいたような3本線が特徴的です(語彙力)でも画像の3本線がないEV版の顔の方が好みかな…。ライトの下のモチーフは508から?採用されていますね。

今回のイベントでは3台とも参考展示となっており、日本版の仕様や詳細は不明です。2020年の第3四半期に導入予定だそうです。秋頃ですかね。

EVの方は航続距離が340kmとされています。アナウンスされている航続距離と実際の航続距離の差が気になるところですが300kmを割るとちょっと短いですかね自分的には。

とても気になる車種なので今後の詳細発表を待ちたいと思います。買えないけどね…。

ちなみにリフターに関してはこちらに書いてありますのでよかったらどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です