TOPに戻る
ラグビー

【ラグビーワールドカップ】ウルグアイの選手が酒に酔って暴行・破壊

ウルグアイ代表選手が店で暴れる 従業員にタックル、壁や鏡を殴って破壊/ラグビーW杯(SANSPO)

ラグビー・ワールドカップのウルグアイ代表の2選手が13日の敗戦後、熊本市中心部の飲食店で酒に酔って店員にタックルしたなどとして、熊本中央署が事情聴取していたことが16日、署などへの取材で分かった。代表は既に敗退して出国したが、署は傷害容疑で捜査。大会組織委員会幹部が店を訪れて謝罪したといい、店側は傷害や器物損壊容疑での刑事告訴を検討している。

全部読む

なんとも残念なニュースが舞い込んできましたね。おもてなしやノーサイドの精神で好印象の今回のワールドカップですが代表選手が店で暴れてしまうとは。

タックルをされた男性は2メートルほど吹っ飛ばされ腰椎ねんざなどの怪我を負い、また店のトイレの壁やDJ用の機材が壊されてしまったりしたそうです。それが14日未明のことで代表選手たちは15日には日本を去っています。暴力行為や破壊行為をしていたのは2人。

目撃者多数、防犯カメラにも写っている、事情聴取も受けている。こいつは逃げられねーな。せっかくのワールドカップに水を差さないでいただきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です