TOPに戻る

【東京モーターショー2019】こ、これは…!触覚を伝える手袋で夢が広がる

NOK、触覚を伝える手袋「3原触モジュール」など東京モーターショー 2019に出展(CarWatch)

NOKは10月14日、触覚の遠隔伝送やバーチャルリアリティ空間での触覚の再現を可能とする「3原触モジュール」などを「第46回 東京モーターショー 2019」(一般公開:10月25日~11月4日)に出展すると発表した。

NOKブースは東京ビッグサイト 南展示棟4階(S3101)。「未来も動かす『中の人』-Innovation for xEV-」をブースコンセプトに未来のモビリティを体感してもらう来場者参加型のブースを展開する。

全部読む

NOKのブースで公開される3原触モジュールというのは、振動・電気刺激・温度のような3つの触覚で感じることのできる刺激を発することができる仕組みを指先に組み込んだ手袋状の装置のようですね。

先日話題になったPS5のコントローラーに採用されるハプティック技術なんかもそうですがこれらが発展していくとVRでとてもリアルな経験ができそうで楽しみになってきますね。炎の魔法を使ったら熱いとか。雷の魔法をくらったら痺れるとか。あとはモンスターや人と接触している感覚が再現できればほんとにもう没入感が凄そうです。

東京モーターショーなどの自動車展示会では自動車メーカー以外のこういったサプライヤーのブースが結構おもしろくて回ったりしますね。以前に行ったときもBMWのシートを作っているのは日本の企業だったりとか空気のいらないタイヤの展示とかがあったりで結構楽しめました。モーターショー自体は日本だけでなく海外でも入場者が減ってたりしますけどね…。

それはさておきこの技術がさらに発展していきますように…(け、決して邪な考えではない)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です