TOPに戻る
ラグビー

台風19号の影響でプール戦2試合が中止、イタリア敗退が決定

ワールドラグビーとラグビーワールドカップ2019組織委員会は現在日本に接近中の台風19号の影響を考慮し、今週行われるラグビーワールドカップのプール戦において2試合の中止を決定したと発表しました。中止されるのは12日(土)に行われる予定だった1次リーグの次の2試合です。

プールB ニュージーランド対イタリア(午後1時45分キックオフ、豊田スタジアム)
プールC イングランド対フランス(午後5時15分キックオフ、日産スタジアム)

プール戦で予定されていた試合日に試合が開催できない場合は翌日への延期などはなく、試合中止という扱いになります。そして試合結果は引き分けとなり、それぞれのチームに勝ち点2ずつ与えられます。得点などの記録はありません。大会規則でそうなっており、代わりの試合は行われません。

ちなみに同じ12日(土)でも福岡で予定されているプールAのアイルランド対サモア戦は開催されます。

13日(日)に予定されている試合は台風の状況を見て、試合中止の場合は原則試合開始の6時間前までにアナウンスされるようです。13日未明には台風が関東を通過する予想となっているためこちらは行われそうに思われますがはたしてどうなるやら。

無念のイタリア

プールCのイングランド対フランスは、両チーム共に準々決勝に進むことが決まっているのですが、プールBはイタリアに決勝トーナメント進出の可能性があったので無念の敗退となります。中止された試合の相手があのニュージーランドなんで負けていたかもしれませんがやってみないとわかりませんしね。

運営側も苦渋の判断だったと思いますが万が一を想定し、安全の確保に努めなければならない以上は仕方ないでしょうね。なんとか無事に運営されることを祈ります。しかしほんとに週末ばかり狙ってきますね…。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です