TOPに戻る
野球

そんなのがあったのか!メジャーリーグの『陰毛禁止ルール』?!

メジャー「陰毛禁止ルール」撤回 すね毛も剃らない選手が増え始める(ライブドアニュース)

メジャーに移籍した日本人選手は、さまざまな習慣に面食らうことになる。とりわけ驚きが大きいのは、「陰毛剃り」の習慣である。野球に限らず、欧米ではスポーツ選手が陰毛を剃ることが常識化している。生やしたままにしておくと雑菌がたまりやすくなり、皮膚病、感染症、毛じらみなどの原因になるからだ。加えて、欧米人は日本人に比べて体臭が強く、陰毛に雑菌がたまると股間の臭いが強くなることも、陰毛を忌避する理由のひとつになっているようだ。

MLBで衛生上の理由から陰毛剃りが推奨されるようになったのは1960年代のことだ。その先駆けとなったのは、球界のモラルリーダーを自任するヤンキースで60年代の早い時期に「ノー・ピュービック・ヘア・ポリシー(陰毛禁止ルール)」を制定し、選手に順守させてきた。このルールがあるため、日本人選手も伊良部、松井秀喜から黒田、田中将大に至るまで、全員がカミソリなどで股間をツルツルに剃っていた。

しかし、MLBではここにきて潮流に変化が見られるようになった。それを象徴するのが昨年3月にヤンキースのオーナーであるハル・スタインブレナーがメディアの前で行った「陰毛禁止ルール撤回発言」である。

その理由について同オーナーは、「このルールができた60年代には、陰毛を生やしっぱなしにするのはプロ意識に欠ける行いと見なされた。しかし、今は時代が変わり、陰毛について自由に考える選手が出てきている。そこで、わがヤンキースは検討を重ねた結果、このルールを撤回することにしたんだ」と説明している。

全部読む

欧米の人は男性でも陰毛(いわゆるアンダーヘア)のお手入れをするのが一般的だというのは聞いたことがありましたが、メジャーリーグではツルツルにしなければならないというルールまであるとは知りませんでした。

ヤンキースが定めたこの「ノー・ピュービック・ヘア・ポリシー(陰毛禁止ルール)」ですが、ピュービック(pubic)は英語で「陰部の」を意味する形容詞。なので「ピュービック・ヘア」は「陰毛」となります。アンダーヘアは和製英語であり英語のネイティブの人に使っても理解されませんので注意してください。

その他”pubic bone”は「恥骨」、”pubic area”は「局部」などと使われています。勉強になるなー、ピュービック。

”no pubic hair policy” でググっていると英文の記事を見つけたのでちょっと目を通してみると、このルールは長年選手やファンから不満が出ていたとあったので仕方なく従っていただけの選手も多かったのかもしれませんね。制定されたのが1960年代だということでかなり以前からあったわけですが、それだけの期間があればさすがに価値観も変わってくるということで今回の廃止となったようです。

日本でも女性はもちろんのこと、男性でもアンダーヘアケアは広がっています。パナソニックなんかもアンダーヘアケア用のボディトリマーを発売していたりして今後もお手入れする男性は増えていくかと思われます。みんながツルツルにまではしないでしょうけど(笑)確かに伸ばしっぱなしだと困ることがあるのは男性ならば経験があるでしょう。適度に長さを整えておくぐらいはしておいていいかと思いますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です