TOPに戻る

日産が東京モーターショー2019に軽自動車規格のEVコンセプトカーを出展

軽規格のEVコンセプト『ニッサン IMk』世界初公開、東京モーターショー2019出展へ(Response)

日産自動車は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にて、軽規格サイズ電気自動車(EV)のコンセプトカー『ニッサン IMk』を世界初公開する。

ニッサン IMkは、新開発のEVプラットフォームを採用した軽自動車規格のボディサイズでありながら、EVならでは力強くスムーズな走りと優れた静粛性を実現するシティコミューター。最新の運転支援技術やシームレスなコネクテッド機能を搭載。エクステリアには都市部の洗練された景観から日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質でシックなデザインを取り入れ、新しい時代の小型EVの姿を提案している。

全部読む

面白そうな車が出てきました。日産から軽規格のEVコンセプトの登場です。日産はNMKV(日産と三菱自動車の合弁会社)で三菱と組んで軽自動車を開発しているので、当然三菱版も出ると思われます。すぐにダイナミックシールド顔にできそうなデザインですしね。i-MiEVもずいぶんと長く後継車種が出ず引っ張ってるのでいよいよかという気持ちです。

ボディのサイズは3434×1512×1644mm(全長×全幅×全高)
現在の軽自動車の規格は長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下と決まっているので「ニッサン IMk」はちょっと軽の規格をはみ出していることになります。なのでコンセプトの状態から少し小さくして軽規格で出してくるでしょう。i-MiEVは2018年にマイナーチェンジで全長が3395mmから3480mmへと拡大され、それにより軽自動車ではなく登録車(白ナンバー)になってしまいましたが…。

 

動画もありました。Car Watchより

あくまでモーターショーに出展するコンセプトカーでしかないのでまるで現実味がありません。こんな内外装になる訳がないので期待してはいけません(ぉぃ)モーターショーのコンセプトカーを見てワクワクして何度裏切られたことか(笑)安全のための先進技術や運転支援機能たくさん投入されるでしょうが、個人的にはそんなにたくさんの機能も先進性もいらないので電気で走る軽自動車をなるべくお安く出してほしいですね。できれば買いたいです。しかし最近の自動車はベースグレードでさえとても高くなってきているのでこれも軽規格とはいってもすごくお高くなってしまいそうです。補助金増えないかな-。

現在PHVに乗っていますが元が少々高くつくとはいえ、燃料代は激減しましたので距離を乗る人は乗れば乗るほどガソリンモデルとの差を埋められるかと思います。遠出をしないなら電気自動車は日常生活の最高の足となってくれるでしょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です